長崎で介護タクシーを始めたいと思い、まずはサイト検索してみた!

      2017/10/20

私が介護タクシーをしたいと思った時にはじめてしたことは

 

「ネット検索」でした。

 

確か、検索キーワードは「介護タクシー」だったような気がします。

 

これで探すと全国でたくさんあるんです。

 

介護タクシーの開業支援や全国の介護タクシーのホームページ等を

 

色々と見て回り、その中で目にとまった開業支援の会社がありました。

 

内容を見ると、介護タクシーの将来性や支援の内容、

 

売上モデルなどなど詳しく書いてあったので、資料請求をしてみました。

 

起業したいと思っていた自分にとって、大変魅力のある内容でした。

 

この時は、「ここに決まり!」と思っていました。

 

もう成功した気分です(笑)

 

そして、担当の方と会って話をした後に、

 

二種免許、ヘルパーの資格を取る事にしました。

 

しかし、あとで考えてみると、間違っていた事があったんです。

 

この支援の会社が悪いとかではなく、自分自身の考えが甘かったということです。

 

学校を卒業してから、サラリーマン一途の人生。

 

個人経営とはどんなことなのかきちんと認識していなかった自分がいました。

 

二種免許取得やヘルパーの講習でいろんな方と知り合いになっていくうちに

 

今までにはない世界が広がっていて、正直感動さえ覚えました。

 

そして色々なアドバイスも頂きました。

 

「介護タクシーはやめといたほうがいいよ」

 

これから目指そうとすることだっただけに、この言葉は衝撃的でした。

 

「タクシーだけでは厳しいよ。サラリーマンが一番楽だよ。

 

廃業してるとこ沢山あるよ。なんでこの世界に来るの?」

 

様々な意見を聞きました。

自分でもわかっていたつもりなんですが、話を聞いてみると、

 

このボディブローはかなり効き、すごく痛かった記憶があります。

 

そして自分の考えの甘さがいざ会社を辞めようかなって本気で思った時に

 

出てしまいました。足がすくみました。

 

収入が無くなるとは

 

失敗した時は …

 

こうなってしまっては、自分勝手に負のスパイラルです。

 

最初の想いもあったもんじゃありません。

 

かなりのビビリな自分を再発見しました。

 

とりあえず開店前休業です。

 

起業は一旦考え直すことにして、

 

サラリーマン生活をしばし励んでみることにしました。

 

そんな自分が今、起業しているなんて世の中は何が起きるのかわかりませんね。

 - 未分類

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。